シッターサポートプログラム

シッターサポートプログラムとは

イメージ

乳幼児を育てながら、抗がん剤治療、あるいは放射線治療を受けられている乳がん患者さんのために、お子さんの一時保育を依頼するため等に係る費用の一部を補助いたします。
治療中のお母様、そしてお子さんの双方にとって安心できる環境のもと、お母様がひとときでもゆっくりと養生できればと願っています。

募集概要

対象者
  • 母親本人が乳がんの抗がん剤治療中、あるいは放射線治療中。
  • 養育中の乳幼児1名以上が、保育園や幼稚園に通っていない。
応募条件 以下のどちらかに該当すること (申込時点の日付に基づく)
  • 2カ月以内に乳がんの抗がん剤治療、あるいは放射線治療を開始。
  • 乳がんの抗がん剤治療中で、残り回数が2回以上、放射線治療で残り2週以上。(申込時点の日付に基づく)
補助内容
  • 助成額は、抗がん剤治療の平均的期間の6ヶ月間に1ヶ月一律1万円とし、一括で6万円を支給。
  • 放射線治療の場合も、助成額は同額の6万円とする。

応募方法

下記①②③の応募用紙とチラシを当ページよりダウンロード、プリントしてご記入し、応募用紙と診断書の領収書を各月10日(10日の消印)までにJ.POSH事務局(表面記載)まで郵送してください。
(※10日以降の消印分については、翌月の審査対象となります。)



①本人記入用紙【シッターサポート申請書】

申請書に応募動機、利用を予定するベビーシッターや一時預かり保育施設の情報などを記入。
※依頼するベビーシッター(家政婦や個人も可)は、各自で都合のいい施設や人を決める。


②主治医記入用紙【診断書(シッターサポート申請用)】

診断書(シッターサポート申請用)用紙をプリントアウトして、チラシと共に主治医にお渡しください。


③振込先口座情報【診断書発行手数料返金口座情報】

医師に記入いただいた診断書の費用はご応募いただいた方皆様に返金いたしますので、当該文書代とわかる領収書(コピー可)を添付の上、必要事項をご記入ください。領収書の添付がない場合は返金いたしかねますのでご注意ください。返金の振込は翌月10日までにいたします。


受給者の決定・支給について

  • 各月10日を締め切りとし、毎月3名を受給者として決定いたします。
  • 選考については、応募多数の場合はJ.POSH審査委員会にて厳正に審査し、より必要度が高いと認められる順に3名を決定いたします。
  • 月末までに受給者を決定し、書面にて本人に連絡いたします。決定月翌月上旬に補助期間6カ月分を、受給者指定の金融機関口座に一括でお振り込みいたします。
  • 応募月にもれた場合、翌月にも自動的に再選考を受けられるものとします(上限2ヶ月)。優先的な扱いではありませんが、翌月の応募者が少ない場合には、受給者となる可能性があります。2ヶ月後も選外となった方には、不採用の通知をお送りします。
  • 受給者の方には、治療後に、プログラム向上のための参考とさせていただくため、当プログラムについてのアンケートや感想を[(A)受給後の用紙]をダウンロードしてご記入の上提出をお願いいたします。J.POSH関連の媒体などで匿名で紹介させていただく場合があることをご了承ください。


応募書類送付先

認定NPO法人 J.POSH(日本乳がんピンクリボン運動)事務局

〒538-0043
大阪市鶴見区今津南2丁目6番3号

TEL:06-6962-5071  
FAX:06-6962-0065
(電話受付 9:30〜12:00/
13:00〜16:30 土日祝除く)