LMGプログラム

「検診マンモグラフィー撮影認定診療放射線技師講習会受講・受験のための参考図書代」補助プログラム

LMGプログラム

認定NPO法人J.POSH(日本乳がんピンクリボン運動)の活動の1つに、乳がん早期発見のためのマンモグラフィー検査の普及や乳がん患者さんへの専門家(医師、看護師、放射線技師、検査技師、薬剤師、ソーシャルワーカーなど)による医療の推進があります。

一方で、乳がんの医療の実際はその患者さまのほとんどが女性であるため、そして乳房という女性特有の臓器であるため、その現場では女性スタッフを望まれる声は非常に高いものがあり、認定NPO法人J.POSHにも「女性放射線技師さんに検査をしてもらいたい、女性技師さんであれば検査を受けるのに・・」などの声が多く寄せられております。

また、欧米における乳がんのマンモグラフィー検査ユニットやブレストクリニックでは(少数の男性医師を除いて)すべて女性スタッフで構成されているのが一般的です。このように、今もこれからも乳がん検診・診療の現場で女性の放射線技師の方々が常に必要とされています。
このような状況を踏まえて、認定NPO法人J.POSHではより多くの女性放射線技師(Lady Mammographer:LMG )の方が乳がん領域、特にマンモグラフィー撮影に興味を持っていただき、女性やその家族、友人を乳がんの悲しみから救っていただければと思い、これを支援する女性放射線技師育成支援プログラム(LMGプログラム)を2010年にスタートいたしました。

2020年度も継続プログラムとして「検診マンモグラフィー撮影認定診療放射線技師講習会受講・受験のための参考図書代」補助プログラムを実施いたします。
下記応募要項をお目通しの上、ご応募および広報のご協力をよろしくお願いいたします。

募集要項

対象 女性放射線技師で、検診マンモグラフィー撮影認定診療放射線技師講習会(新規・更新を含む)の受講済者
※受講前の応募は無効です
対象人数 「検診マンモグラフィー撮影認定診療放射線技師講習会」各開催ごとに5名(抽選)
対象講習会開催期間 2020年4月1日~2021年3月31日に開催される講習会
※注:各講習会ごとの応募受付は対象講習会の終了後20日以内消印(郵送に限る)
支援内容 受講に際して、その参考書籍代として10,000円(図書券)を補助
当選発表 当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。

応募方法

  • 応募者本人の受講証コピーまたは評価票コピー ※受講票は受付できません
  • 必要事項を記載した応募用紙 ※応募用紙は下記よりダウンロード出来ます

①、②を同封のうえ、認定NPO法人J.POSH事務局「LMGプログラム係」宛に郵送

応募書類送付先

応募書類送付の際は「認定NPO法人 J.POSH事務局 LMGプログラム係」宛にお送りください。


認定NPO法人 J.POSH(日本乳がんピンクリボン運動)事務局

〒538-0043
大阪市鶴見区今津南2丁目6番3号

TEL:06-6962-5071  
FAX:06-6962-0065
(電話受付 9:30〜12:00/
13:00〜16:30 土日祝除く)